無修正の有料アダルトサイト比較と安全性 sex動画

アダルトサイト以外でもいろいろなところに潜んでいる

インターネットが普及して便利な世の中になりましたが、そのために色々な事件にネットを通じて巻き込まれるようなことが多くなってきました。特にアダルト系のサイト関連の事件は枚挙にいとまがありません。その中でも多いのが、ワンクリック詐欺と呼ばれるものです。
ワンクリック詐欺とは、アダルトサイト以外でもいろいろなところに潜んでいるものです。しかし特に多いのがアダルトサイトなのです。
そのサイトの特徴としては、まずアダルトサイトを訪問した人が、アダルト動画などをクリックします。通常のサイトならばそこで動画の配信がスタートしますが、詐欺サイトの場合にはいきなり画面が切り替わり、「登録されました」などと表示されるのです。ほかにも、動画のスタートボタンをクリックすると、別のサイトに誘導されるケースなどもあります。そして次々と誘導されて、悪質なアダルトサイトなどに到達するのです。
もしその時に、自分の個人情報などを記入してしまった場合には、相手に情報を知られてしまいます。そうなった場合には、それを理由に次々とお金を請求されることもあります。中には、脅してくるような輩もいますので大変です。
最近では特にスマートフォンの普及により、そのようなケースの犯罪が多いです。何気なくスマホをいじっていたら突然画面が切り替わり、「登録ありがとうございます。登録料50000円かかります」などという文言が出て驚いてしまうことがあります。何も知らない人はその指定された口座に、恐怖のあまり振り込んでしまうこともあります。しかしお金を振り込んでしまったら悪い奴らの思うつぼです。1回請求されて成功すると詐欺師は、2回目や3回目の請求をしてきます。そして次々と振り込んでしまったら大変なことになります。
このような犯罪に対処するには、一体どうしたら良いのでしょうか。対処方法はいくつかあります。まず個人情報を全く入力していないのであれば無視するのが一番です。有料サイトに「勝手に登録される」というのは、あってはならないことなのです。そもそも「契約」というのは、当事者双方の意思が、合致しなければならないものだからです。ですからこのような一方的に契約された場合には、法律上支払いの義務は生じないのです。
このような詐欺サイトの場合、いかにも個人情報を取得したように思わせてきます。そしてそれを見た人は驚いて、お金を振り込んでしまうという手口なのです。さらにお金を支払わない場合には、「裁判にかける」「身元を洗う」「徴収に行く」などの文言を並べて脅してきます。この時決して慌ててはいけません。恐怖や不安のあまり相手に連絡をしてしまって、その時に個人情報を渡してしまったら悪い連中の思うつぼです。絶対に連絡を取る事や、お金を振り込むことはしてはいけません。徹底的に「無視」を決め込むことが大事です。
ほかにもIPアドレスが、画面に表示されている場合があります。そこから個人情報が、相手に知られているのではないかと不安になる人もいるでしょう。しかしここから相手に個人情報が渡ることはありません。ですから安心して無視を決め込んでください。
しかしもしも相手に連絡をしてしまい、個人情報を万が一渡してしまった時などは、どうしたら良いのでしょうか。そういった場合には、国民生活センターもしくは最寄りの警察に連絡しましょう。相手に連絡先を知られてしまった場合には、執拗に金銭を請求してくることがあります。相手があまりにも悪質な場合は特に、このような機関に相談してみてください。
このような事件に巻き込まれないようにはするには、一体どうしたら良いのでしょうか。一つ目は怪しいサイトにはアクセスしないことが大事です。そのようなサイトを興味本位でのぞいてしまうと、罠に陥る可能性が高まります。ですからそのようなサイトには、極力いかないように注意しましょう。二つ目はメールなどに記載されたURLや画像、動画などを安易にタップしないことです。特に送り先がわからないようなメールが来た場合には、絶対に開かないようにしましょう。アダルトサイトなどならば「入場する」「ENTER」「はい」などのボタンをタップしないようにしましょう。そこから誘導される可能性が高いです。
他にもスマートフォンの場合には、送り主が不明のアプリなどは、気軽にダウンロードすることはやめましょう。特にアダルト系は怪しいアプリが、有象無象に存在しますので特に注意が必要です。さらにアダルト系を含めて、サービスを利用するときは、利用規約をよく読んでから始めることも大事です。
このようなことに注意しながら、悪質なワンクリックサイトに引っ掛からないようにしてください。とにかくそのようなサイトに料金を請求された場合には徹底して「無視」を決め込むことが大事です。そして相手に個人情報が渡ってしまい、対応できそうにない場合には、国民生活センタ―や警察に相談しましょう。その対処法をきちんと覚えておきましょう。

 

インターネットサイトの中には、有料でサービスが提供されているものが存在します。有料サイトではコンテンツやオンライン上の各種サービスを利用する際に、料金を支払わなければなりません。動画コンテンツの中にも、有料で提供されているケースがあります。
有料サイトでサービスを利用したりコンテンツを購入する場合には、最初にユーザーが登録手続きを行います。登録の画面では契約内容が表示されて同意することを確認し、メールアドレス・名前・クレジットカードなどの決済手段を入力します。有料サイトは、利用者が契約内容を確認して登録の意志を明確に示すことが必要です。「電子消費者契約法」という法律では、有料サービスの登録を行う際に利用者が登録の意志を明確に示すことが求められています。例えばフォームにメールアドレスなどを入力して手続きを行う場合に、確認画面が表示されて利用の意志を伝えることが必要です。サービスを提供する側(サイト)がこのようなステップを踏まずに一方的に“登録”を行ったと主張しても、契約は無効です。
一部の悪徳サイト(有料アダルトサイト)では、ホームページにアクセスしただけで利用者の同意を得ずに勝手にサービスに登録されてしまう場合があります。このようなサイトにアクセスすると、手続きを行っていないのに一方的に登録画面が表示されて、サービス料の支払いが求められます。利用者がサイトにアクセスしただけで勝手に“登録”されて料金が請求される手口を「ワンクリック詐欺」と呼び、これは犯罪行為です。
サイトによってはアクセスした際に自分のパソコンのIPアドレスが表示されるケースもあり、個人が特定される事を心配する人もいます。インターネットサイトにアクセスすると、プロバイダに接続記録が残ります。ただしプロバイダは警察・司法機関や弁護士などの請求がない限りは、利用者のアクセス記録を開示することはありません。詐欺行為を行うような犯罪者がプロバイダからサイトにアクセスした人の情報を得ることは不可能で、IPアドレスが表示されてもサイトの管理者が接続した人を特定することはできません。
スマートフォンでアクセスして勝手に登録されてしまった場合でも、回線利用者の情報がサイトの管理者に知られる心配がないので無視しましょう。アクセス記録は携帯電話会社に保存されていますが、しかるべき権限を持つ機関や弁護士の請求がない限りは他人に開示されることがありません。
ワンクリック詐欺サイトにアクセスして勝手に登録されてしまった場合でも、法律上は料金の支払い義務はありません。一方的に画面に表示された“登録完了”のメッセージや“料金の請求”は無視をするようにしましょう。画面で連絡するように促されたり、連絡先の電話番号やメールアドレスが表示されることがあります。このような場合でも決して連絡を取ることがないように注意しましょう。電話をかけてしまうと番号を知られてしまいますし、メールを送信すると自分のメールアドレス宛てに脅迫文が送られてくる恐れがあるからです。電話やメールなどで連絡を取ると、巧みに名前や自宅の住所などの情報を聞き出されてしまうことがあります。
IPアドレスや電話番号・メールアドレスが知られても、個人を特定することはできません。それでも業者とやり取りをすることで個人情報が知られてしまい、脅迫やその他の被害に遭う恐れがあります。料金を支払わなければ法的な処置を行うなどとメッセージが表示されるサイトも存在しますが、契約自体が無効なので業者が法的な手段で利用料金を請求することは不可能です。業者が使う「法的手段」の文言は、被害者を不安にさせるための手口のひとつです。ちなみに業者が本当に法的手段で料金を請求することは、自分たちが犯罪を行っていることを司法機関に自首するのと同じです。
もしも詐欺グループに自分の電話番号やメールアドレスを知られてしまった場合の対処方法ですが、着信拒否やメールを無視する方法で対処しましょう。メールアドレスを知られてしまった場合は大量の迷惑メールを着信することがありますが、メールソフトの自動振り分け機能を利用することができます。電話がかかって来る場合には着信拒否機能を利用するようにしましょう。自宅の住所や電話番号を知られて料金の支払いを求めて来る場合でも、無視をすることができます。何らかの被害に遭っている場合には、弁護士に相談をすることができます。
“民事訴訟”を起こす”などの文面でハガキなどが業者から送られてきた場合でも、裁判所から届いたものでなければ無視をして問題ありません。ただし裁判所から正規の訴状が届いた場合には、無視すべきではありません。過去に1度だけ、出会い系の詐欺業者が架空の利用料金の支払いを求めて本当に民事訴訟を起こしたことがありました。裁判が行われた結果、業者に対して被害者に慰謝料の支払い命令が出されました。これ以後、詐欺サイトの運営業者が訴訟を起こした事例は存在しません。

 

これらのほかにカリビアンコムにも無修正動画がたくさんありますので気になる方は下記を参考にしてみてください。
カリビアンコムの評判は?安全性や口コミなどの入会体験談

 

最近ではインターネットを使ったさまざまな犯罪が横行しています。インターネットというのは便利なものですが、それは離れた地域の人とも交流できたり、直接相手と会うことなく意思表示をしたり、こちらの氏名などの個人情報を知らせずに匿名で会話をしたりといった、リアルな世界ではできないことも可能という点が背景にあります。これは実は犯罪をする上でも好都合であって、離れた地域からパソコンを操作するだけで、相手に個人を特定されることなく不当に金銭を要求することも容易にできる可能性があることを示しています。
そのようなインターネットを使った犯罪の最たるものがワンクリック詐欺です。文字からもわかるとおり、インターネット上にあるホームページなどを閲覧していて、特定のボタンやリンクを間違ってクリックしただけで、契約や注文が確定したものとみなされ、該当する商品やサービスの代金を請求されてしまうというものです。もちろんこのようなケースではボタンなどは間違ってクリックするように巧妙に配置されており、ボタンを押しただけで契約が成立するといった注意書きは、ホームページの下のほうに小さく記載されていて、普通に見ただけではわからないようになっていることがほとんどです。
特に多いのは海外のアダルトサイトを興味本位で見ていると、女性の画像などをクリックしただけで、いきなりサイトへの有料会員登録が完了したことを告げる画面が表示されるというものです。そして画面には会費をいますぐ支払うように求めるメッセージがあわせて表示されるのが典型的なパターンですが、あわせて何らかの脅し文句がある点もワンクリック詐欺に特有といえます。たとえば期限までに支払わないと違約金を課せられてしまうとか、あるいは個人の特定はすでに済んでいるので支払わない場合には裁判所に訴訟を提起するなどといった内容です。こうした内容を見て冷静な判断力を失ってしまうと、画面に表示されているお客様センターのような電話番号についダイヤルしてしまい、契約のキャンセルを求めるつもりが、かえって相手の話術に翻弄されて、銀行振込やクレジットカード決済などの支払いの手続きをさらに進めてしまうことも稀ではありません。
アダルトサイトを利用したワンクリック詐欺のおそれがある場合には、そもそも契約が成立しているのかどうかを立ち止まって考えることも必要です。わが国では契約というのは一般に商品やサービスの提供を受けたい人が意思表示をして、そのことを相手が承諾したときに成立するものとされています。そのため契約する気がないのに一方的に契約が成立するということは通常はありえないはずです。しかもクリックをするまでにこちらの住所氏名や電話番号などの個人情報をいっさい入力していないとすれば、相手としても誰と契約をしたのかなどわかるはずがありませんので、その意味でも多額の金銭の請求をすることはナンセンスといえます。したがってアダルトサイトを見ていて勝手に登録されてしまったという場合には、個人情報を入力しなかったかどうかを再確認した上で、特に入力した事実がなければ、そのまま放置して二度とこのような悪質サイトには近寄らないことがベストな対応策ということになります。
逆に相手に電話をかけるなどしてコンタクトをとってしまうことは相手の思うつぼですので、よほど注意をしておかなければなりません。ワンクリック詐欺の目的としては、まずは相手を騙して金銭を奪うことが本命ですが、そのほかにも個人情報を奪い取るという目的もあります。たとえばアダルトサイト上でクレジットカード情報を入力したものの、実はそれが単なる詐欺サイトだったとすれば、カード番号とパスワードをもとに勝手にショッピング枠を使われてしまうなどの被害が後で生じる可能性があります。ほかにも騙されやすい人と判断されれば、今後とも同様の犯罪を相手が仕掛けてくるおそれもあるはずです。これが被害を受けた場合でも相手とコンタクトをとらないことが重要になる大きな理由です。
通常はこのような請求があっても完全無視を決め込み、不要な個人情報の入力や相手へのコンタクトをとることはしないというのがいちばんの対処法です。ただし裁判所からの特別送達で支払いを求める書類が自宅に届いたなどの場合には注意を要します。この場合はクリックする以前に個人情報などを入力してしまい、法律上も有効に契約が成立しているおそれがあります。少なくとも正規の法律上の手続きをもって請求があった以上は、こちらとしても正規の手続きで反論をしなければなりませんので、ただちに弁護士の法律相談を受けるなどの手段を講じたほうがよいでしょう。そのほかにも地域にある消費生活センターでは全国的な消費者トラブル事例のデータベースを持っていますので、問い合わせをしてみて同じようなワンクリック詐欺のケースがないかどうかを確認するのも重要です。

更新履歴